温泉地活性化で連携 ONSEN・ガストロノミーツーリズム推進機構 ゆこゆこホールディングス

  • 2019年1月30日

吉田副社長(左)と小川専務理事

 ONSEN・ガストロノミーツーリズム推進機構(涌井史郎会長)とゆこゆこホールディングスは18日、全国の温泉地の活性化に取り組む連携協定調印式を東京・銀座のゆこゆこホールディングス本社で行った。協定締結により、相互に協力して温泉地の持つ魅力を国内外に情報発信し誘客を図るとともに、地方創生につながる取り組みを積極的に推進する。

 調印式ではONSEN・ガストロノミーツーリズム推進機構の小川正人専務理事(ANA総合研究所取締役会長)が「『ONSEN・ガストロノミーツーリズム』は、温泉地を中心に地域を活性化するコンテンツを評価してもらい利用してもらうもの。われわれのコンテンツと温泉のナンバーワンのプラットフォームを目指すゆこゆこホールディングスとは、コンテンツとプラットフォームの関係で方向性が合致した」と連携の経緯を述べた。ゆこゆこホールディングスの吉田周平副社長は「温泉旅館、温泉地を盛り上げていくことが使命。その観点から、互いの目指す姿がマッチした。全国には知られていない温泉地も多い。SNSなどデジタルを生かした情報発信を行いながら、温泉地を中心とした地域の活性化に取り組み貢献する」と語った。

 両者は連携により地域の観光や文化、食材などを体験できるガストロノミーウォーキングに、ゆこゆこホールディングスの持つ宿泊サービスを連携し、温泉地の知名度向上や温泉地の宿泊人数増加を共に盛り上げる。具体的な取り組みとして(1)ガストロノミーウォーキングと温泉宿泊(2)ONSEN騎士団とゆこゆこ特典(3)ゆこゆこ温泉LABとミスONSEN騎士団―などを計画している。

 ONSEN・ガストロノミーツーリズム推進機構は、温泉(ONSEN)とガストロノミー(食、自然・文化)を融合した体験型のウォーキングイベント「ONSEN・ガストロノミーウォーキング」を企画、運営している。ゆこゆこホールディングスは、700万人の会員を持つ宿泊予約サイト「ゆこゆこ」を運営している。


吉田副社長(左)と小川専務理事

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram