温泉協会、山葵沢地熱発電を視察

  • 2017年12月8日

鷹の湯温泉での意見交換会

 日本温泉協会(大山正雄会長)の地熱対策特別委員会は11月21、22の両日、秋田県湯沢市の秋ノ宮温泉郷で、標高870メートルに建設中の山葵沢地熱発電所を視察。温泉協会から大山会長、中澤敬・地熱対策特別委員長をはじめ、地熱発電開発の大泉博幹・湯沢発電社長、協会役員、工事関係者ら15人が出席。鷹の湯温泉では事業者が建設計画の概要を説明、特別委員会の役員らと意見交換会を行った。

 温泉協会の大山会長は「地熱発電による深度2千メートルに分布する200度の熱水と熱量を大量に採取し、そして使用後の低温熱水に硫酸などの薬品を混入し、地下深部への排水が温泉枯渇や変質を危惧している」と指摘。

 これに対し開発業者の湯沢地熱の担当者は「山葵沢地熱発電は周辺の温泉とは異なった深部の熱水を利用するなど周辺環境へ配慮をしている」と説明。専門的な知見をもとに活発な意見交換が行われた。温泉協会では引き続き情報の開示を要望した。

 その発電出力は4・2万キロワットと全国第4位の規模となることから、地熱発電(業)界から期待が高まっている。一方、半径4キロ内に分布する発電出力が山葵沢の3分の2の、上の岱地熱発電所、泥湯温泉、秋ノ宮温泉、および日本三大霊地の一つといわれる川原毛噴気地熱地帯への影響が懸念される。

 日本の地熱発電所は1956年に松川(岩手県八幡平)に始まり、2000年までに全国16カ所で開発・稼働している。山葵沢地熱発電は予定の19年に稼働すれば19年ぶりとなる。

関連する記事

国土交通省四国運輸局がまとめた2017年度上半期(4~9月)の四国4県の主要観光地60カ所の入込客数は、前年同期比0・9%減の770万人となった。香川県、高知県は増加した…

続きを読む

徳島県は4日、宿泊施設とレストランを併設したアンテナショップ「TurnTable(ターンテーブル)」を東京都渋谷区にオープンした。宿泊施設は個室とドミトリーで最大64人…

続きを読む

118段の階段に並べられる日本一の雛飾りが、 伊豆稲取温泉で2月22日~3月4日に披露される。 稲取温泉旅館協同組合(所在地:静岡県賀茂郡東伊豆町、代表理事:村木 康之)…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?