渋谷区観光協会、トークイベント「奥渋から考える渋谷の観光」開催

  • 2019年4月23日

 渋谷区観光協会などで構成する「渋谷の新しい観光を考える会」は9日、トークイベント「奥渋から考える渋谷の観光」を東京都渋谷区神山町の出版社兼書店「シブヤ・パブリッシング&ブックセラーズ」で開いた=写真。「奥渋(奥渋谷)」と言われるエリアでの開催に、地域住民、通勤や遊びで訪れる人々など30人以上が参加した。

 奥渋とは、渋谷駅から10分ほど歩いた閑静なエリアで、大人向けの雑貨店、カフェ、バーなどが立ち並ぶスポット。最近はインバウンド旅行客にも人気が高い。

 インバウンド観光地としての渋谷の問題点について、渋谷区観光協会事務局長の小池ひろよ氏は、「スクランブル交差点で写真撮影をするだけの『30分滞在』で、原宿や新宿に移動してしまう観光客も多い。ベッド数(ホテル数)が新宿と比べて圧倒的に少ないことも原因の一つだろう」と指摘。その上で「奥渋は、ガイドブックに載って観光客が増えたという場所ではない。ここに集うクリエーターやアーティストたちがソーシャルメディアなどで情報発信をすることによって、奥渋ブランドが確立されてきた。奥渋散策を含む渋谷の街の回遊ルートをつくり、インバウンド向けにも紹介していきたい」と語った。

 訪日外国人向けメディアMATCHAのインバウンド戦略部統括マネージャーのシーソンクラム・カオ氏は、「渋谷駅は出口が複雑で、初めて訪れる外国人には難しすぎる」と指摘。ホテル不足については「アジアのインバウンド客には、『狭いことで有名な日本人のマンションに泊まって、日本人と交流したい』という人も多い。日本文化体験というより日本人体験を望んでいる」と話し、ホームステイ型民泊の選択肢を提案した。

 カオ氏はさらに「インバウンドビジネスでは訪日客だけをターゲットにするとほぼ失敗する。日本人に受けているものに、外国人も共感して来客が増えるというスタイルが理想だ」と述べ、地に足の着いたマーケティングの必要性を強調した。

 トークイベントでは、会場のシブヤ・パブリッシング&ブックセラーズCEOの福井盛太氏も登壇。ネットメディア「シブヤ経済新聞」の西樹編集長が司会を務めた。

関連する記事

全日本シティホテル連盟(JCHA、清水嗣能会長)が10日に発表した会員ホテルの4月の全国平均客室利用率は87.4%で、前年同月比1.2ポイント増だった。調査は229会員ホ…

続きを読む

日本旅館協会北海道支部連合会は10日、会員旅館を対象に毎月実施している宿泊実績調査の2019年4月の結果をまとめた=表。前年同月の実績に比べて宿泊人員は1.9%減、売り上…

続きを読む

群馬県は9日、ゴールデンウイーク(GW、4月27日~5月6日)の観光動向を発表した。県内主要施設34カ所の入り込み客数は前年比22.7%増の120万9141人と好調で、県…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube