浅間山、噴火警戒レベル1に 小諸市は登山規制を緩和

  • 2018年9月10日

 気象庁は8月30日、群馬県と長野県の境にある浅間山=写真=の噴火警戒レベルを「2」(火口周辺規制)から、「1」(活火山であることに留意)に引き下げたと発表した。浅間山の噴火警戒レベルが1になるのは約3年ぶり。

 同庁は、「火口から500メートルを超える範囲に影響を及ぼす噴火の可能性は低くなった」(地震火山部)と判断した。ただ、火口から500メートルの範囲に影響を及ぼす程度のごく小規模な噴火の可能性があることから、引き続き、火山灰噴出や火山ガスに注意するよう呼び掛けている。

 レベル引き下げを受け、長野県小諸市は登山規制を緩和。浅間山への登山道は黒斑と火山館の二つのコースがあるが、ともに賽の河原から前掛山(2524メートル)まで登れるようにした。

 小泉俊博市長は同日、「レベル2では山頂火口からおおむね2キロまでしか登山できなかったが、1になったことでおおむね500メートル、前掛山の山頂までの登山が可能になった。雄大な浅間山の景観は小諸の大切な観光資源。この機会に多くの皆さまにお越しいただき、大自然を満喫いただければと思う」とのコメントを発表した。

 浅間山周辺は災害対策基本法に基づく「警戒区域」として、山頂火口から4キロ以内は立ち入り禁止区域となっている。ただし、噴火警戒レベルに応じ、登山道のみ立ち入りが認められている。

関連する記事

じゃらんは、「バスガイドをしてほしい芸能人」ランキングを発表した。女性1位は友近さんだった。 株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:淺野…

続きを読む

ブッキング・ドットコムは「旅とオシャレ」に関する調査の結果を発表した。 世界最大のオンライン宿泊予約サイト Booking.com (ブッキング・ドットコム)の日本法人 …

続きを読む

東急グループは、小学生を対象とした参加費無料の体験型イベント「とうきゅうキッズプログラム」を開催する。 東急グループは、2018年11月から12月にかけて、小学生のお子…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube

温泉エッセイスト 山崎まゆみさんが来社!