法務省、「入国在留管理庁」の新設要求

  • 2018年9月14日

 法務省は、訪日外国人旅行者や在留外国人の増加、外国人材の新たな在留資格の創設などに対応するため、2019年度に向けた組織要求で、「入国在留管理庁」(仮称)の新設を求めた。

 訪日外国人旅行者が17年に2869万人を記録したほか、在留外国人は17年末で256万人と増加が続いていることなどから、法務省では「入国管理局は、現行の業務だけでも、近年、業務量が飛躍的に増大」と指摘している。

 人手不足が深刻となる中で、一定の専門性、技能を有する外国人材を幅広く受け入れるため、新たな在留資格の創設も検討されており、一層の業務推進に体制整備が必要としている。

 入国在留管理庁は、法務省の外局として設置することを要求。長官、次長、審議官(2人)のもと、出入国管理部、在留管理支援部、課長相当職(10人程度)などを置くことを想定している。

関連する記事

経済産業省は、地震に伴う電気使用量について、道内の企業や家庭に要請してきた平常時から2割削減の節電目標を解除した。揚水発電所の稼働などを受けて、14日午後8時半から適用し…

続きを読む

総務省はこのほど、家計調査報告の7月分を公表した。同月の2人以上世帯の1世帯当たり消費支出は28万3387円で、前年同月比で実質0.1%増加した。10の支出費目別では教養…

続きを読む

東京都は、ムスリム等外国人旅行者受入のためのセミナー・アドバイザー派遣事業を開催する。 東京都では、ムスリムをはじめ、多様な文化や習慣を持つ外国人旅行者が安心して快適に滞…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube

温泉エッセイスト 山崎まゆみさんが来社!