沖縄県とJCB、「沖縄の観光振興に関する連携協定」を締結

  • 2019年6月12日

 沖縄県とJCBは11日、「沖縄の観光振興に関する連携協定」を締結すると発表した。

沖縄県と株式会社ジェーシービー(本社:東京都港区、代表取締役兼執行役員社長:浜川一郎、以下:JCB)は、沖縄21世紀ビジョンに掲げる「世界水準の観光リゾート地」の実現に向けて、相互の緊密な連携および協力により、沖縄のさらなる観光振興に寄与することを目的とし、「沖縄の観光振興に関する連携協定書」を締結いたします。
■沖縄県とJCBの連携内容
沖縄県が観光振興に関する施策を検討する際、JCBが保有している「国内外旅行者(JCB会員)の回遊・消費統計データ※」を基にマーケティングを行い、株式会社おきぎんジェーシービー(沖縄県那覇市)、JCB九州支社(福岡県福岡市)を中心としたJCBグループとともに施策を実施いたします。
沖縄県にとってカード決済データ分析を用いた観光振興施策の企画・推進は初の試みとなります。
※JCB会員の沖縄県内における利用エリア・利用業種・利用金額等の統計データ

■JCBの保有する「国内外旅行者(JCB会員)の回遊・消費統計データ」について
JCBカードは世界23の国と地域で発行され、約1億3,000万会員に約3,000万店の加盟店で利用されています。今回はJCB会員が沖縄県内をどの様に回遊し消費活動を行っているかを分析したデータ(エリア・業種・利用単価・利用金額等)を基に、JCB会員の誘客に資するマーケティングに活用いたします。

■沖縄の魅力を伝えるキャンペーンの実施
マーケティングを基に沖縄県への来訪が予想されるJCB会員に対して、沖縄県の特色を活かした誘客キャンペーンを検討し、観光客の満足度を高めることで、県内での消費拡大を促す施策を実行いたします。

関連する記事

新潟県旅館ホテル組合(野澤幸司理事長、454会員)は5月23日、ホテル双葉(越後温泉)で通常総会を開き、役員改選で野澤理事長を再選した。野澤理事長は「今年はDC本番。しっ…

続きを読む

岐阜県の下呂温泉観光協会(会長・瀧康洋水明館社長)は5月20日、ヨーロッパ最大の温泉地であるハンガリー・セーチェニ温泉で、ブダペスト温泉公社と温泉を基軸とした交流を進める…

続きを読む

九州支部連合会は5月21日、佐賀市のホテルニューオータニ佐賀で19年度通常総会を開催した。役員改選を行い、新会長に青島グランドホテル社長の冨森信作氏を選任した。豊田康裕会…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube