沖縄の「道の駅」、インバウンド対応モデル事業に認定

  • 2019年8月29日

 観光庁は、レンタカーを利用したインバウンド観光の先進地である沖縄県を対象とした「『道の駅』インバウンド対応拠点化モデル事業」で、道の駅の設置・管理者が作成した整備計画6件を認定し、順次支援する。全国の道の駅のインバウンド対応の指針となるモデルにする。

 名護市の「許田」、国頭村の「ゆいゆい国頭」、宜野座村の「ぎのざ」、大宜味村の「おおぎみ」などの道の駅で、多言語対応や決済環境整備などが計画されている。個別の事業に対する補助率は10分の8。

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube