氷瀑まつりは1月28日から 層雲峡、立教大観光学部と協力し制作

  • 2022年11月26日

層雲峡の魅力をアピールする一行(左から2人目が西野目会長、3人目が佐藤町長)

 北海道上川町の佐藤芳治町長や層雲峡観光協会の西野目信雄会長(ホテル大雪)ら一行が8~9日上京し、旅行会社などを訪問。9日には観光経済新聞社を訪れ、層雲峡の観光魅力などをPRした。

 訪れたのは佐藤町長や西野目会長のほか、町の西木光英・産業経済課長兼総務課長、観光協会の宍戸重之専務理事ら6人。

 佐藤町長は、「コロナ禍で大きなダメージを受けたが、何とか乗り切ったという思いだ。コロナ禍の経験を生かし、グレードの高い、皆さんに喜ばれる観光地、まちづくりを進めていく」と意欲を示した。

 また、西野目会長は来年9月に北海道で開かれる予定の体験型観光の国際サミット「アドベンチャートラベル・ワールドサミット(ATWS)」に期待を寄せ、「プロモーションを含めて、層雲峡をアピールしていく」と述べるとともに、「2025年ごろから(観光は)正常な姿に戻るのではないか。それまでみんなで協力しながら持ちこたえていく」との見通しを示した。

 層雲峡温泉の冬の風物詩で、48回目となる「氷瀑まつり」は来年1月28日~3月12日に開催する。テーマは「To the Future~自然の恵みに飛び込む」で、50回目に向けた新しい氷の見せ方や造形物の制作への挑戦と位置付け、立教大観光学部の協力を得ながら取り組む方針だ。

 また、「層酒相愛」と銘打ち、昼は上川大雪酒造の酒を味わい、夜はランタンを楽しむ初夏の祭りを今年初めて実施したが、来年は6~7月に実施する予定。

 このほか、来年3月には大雪森のガーデンを舞台に、犬ぞり体験を開催する。4キロのショートコース、15キロのロングコースを設定、雄大な景色を堪能してもらう。

 今年冬から来春にかけて、旅館・ホテルの日帰り入浴や観光施設などの入場割り引き、特典を付けた「まち・湯めぐり手形」も販売する。価格は1800円を予定している。


層雲峡の魅力をアピールする一行(左から2人目が西野目会長、3人目が佐藤町長)

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram