民泊を11%が利用 昨年10~11月期の訪日外国人

  • 2018年2月14日

 観光庁の訪日外国人消費動向調査の2017年10~12月期の結果(速報値)で、日本滞在中に民泊(有償での住宅宿泊)を1泊以上利用した外国人旅行者の割合は11・0%だった。約10人に1人が民泊を利用していた。利用率は前期(17年7~9月期)に比べて1・4ポイント減少した。

 同調査は、訪日外国人旅行者への対面の聞き取りの結果を基にしている。17年7~9月期の調査から、滞在中に利用した宿泊施設を複数回答で聞く質問の選択肢に「有償での住宅宿泊」を追加した。

 10~12月期の結果、利用した宿泊施設の民泊以外の回答は、ホテル(洋室中心)が前期比3・9ポイント増の79・0%、旅館(和室中心)が同1・3ポイント減の16・9%、ユースホステル・ゲストハウスが同0・5ポイント減の6・2%などだった。

 観光・レジャー目的の外国人旅行者に限って見ると、民泊の利用率は同1・1ポイント減の13・8%。他の回答は、ホテルが同1・2ポイント増の79・3%、旅館が同1・5ポイント減の20・4%、ユースホステル・ゲストハウスが同増減なしの7・7%などだった。

関連する記事

国土交通大臣表彰の2019年観光関係功労者の受賞者が15日に発表された。表彰は22日付。受賞者は観光関係事業に功績が顕著な20人。内訳はホテル業関係9人、旅館業関係4人、…

続きを読む

観光庁はこのほど、住宅宿泊事業法(民泊新法)の届け出住宅で事業廃止の届け出が増えていることから調査を実施した。廃止の理由で最も多かったのは、「旅館業または特区民泊へ転用す…

続きを読む

道路事業をめぐる発言で辞任した塚田一郎国土交通副大臣の後任として、5日、牧野たかお参院議員が国交副大臣に就任した。観光、航空、港湾、海事などの関係施策の総括を担当する。復…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube