民泊を11%が利用 昨年10~11月期の訪日外国人

  • 2018年2月14日

 観光庁の訪日外国人消費動向調査の2017年10~12月期の結果(速報値)で、日本滞在中に民泊(有償での住宅宿泊)を1泊以上利用した外国人旅行者の割合は11・0%だった。約10人に1人が民泊を利用していた。利用率は前期(17年7~9月期)に比べて1・4ポイント減少した。

 同調査は、訪日外国人旅行者への対面の聞き取りの結果を基にしている。17年7~9月期の調査から、滞在中に利用した宿泊施設を複数回答で聞く質問の選択肢に「有償での住宅宿泊」を追加した。

 10~12月期の結果、利用した宿泊施設の民泊以外の回答は、ホテル(洋室中心)が前期比3・9ポイント増の79・0%、旅館(和室中心)が同1・3ポイント減の16・9%、ユースホステル・ゲストハウスが同0・5ポイント減の6・2%などだった。

 観光・レジャー目的の外国人旅行者に限って見ると、民泊の利用率は同1・1ポイント減の13・8%。他の回答は、ホテルが同1・2ポイント増の79・3%、旅館が同1・5ポイント減の20・4%、ユースホステル・ゲストハウスが同増減なしの7・7%などだった。

関連する記事

政府は15日、サービス業や中小企業などの生産性向上を目指す「生産性向上国民運動推進協議会」を首相官邸で開いた。対象分野の一つ、宿泊業からは、日本旅館協会の針谷了会長が出席…

続きを読む

観光庁は、中小規模の旅館・ホテルの経営者や幹部を主な対象として、宿泊業の生産性向上に関するセミナーを3月に全国5都市で開催する。先進的な旅館の経営者が生産性向上のモデル事…

続きを読む

30都道府県がプラスに 観光庁の宿泊旅行統計調査の結果(第2次速報)で、2017年11月の宿泊施設の延べ宿泊者数は、前年同月比2・7%増の4086万人泊となった。30都道…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?