民泊の今後を注視 滋賀県旅組が通常総会

  • 2018年6月5日

民泊への姿勢について言及する山本理事長

 滋賀県旅館ホテル生活衛生同業組合の通常総会が14日、ロイヤルオークホテル スパ&ガーデンズ(滋賀県大津市)で開かれた。山本清藏理事長(旅館紅鮎)は6月15日に施行される住宅宿泊事業法に言及した。「事業者の届け出が今のところあまりなく、全国的にそのようだ。業界としてしっかり追いかけていきたい」と、民泊の今後の動きを注視する方針を述べた。

 来賓の塚本茂樹・滋賀県議会厚生・産業常任委員会委員長は、今年7月15日から12月24日までの大型観光キャンペーン「虹色の旅へ。滋賀・びわ湖」に触れ、「観光入り込み客数5300万人、宿泊客数400万人と、大きな目標を掲げている」と述べた。

 辻浩司・滋賀県健康医療福祉部生活衛生課課長は「旅館・ホテルは県の顔。滋賀の魅力を発信し、心のこもったおもてなしで本県を訪れる人たちに深い感動を与えることを期待している」と述べた。

 辻井弘子・滋賀県商工観光労働部観光交流局長は「2016年度の滋賀の観光入り込み客数は5077万人、訪日外国人観光数客は55万人といずれも過去最高。2020年の大河は明智光秀。滋賀ゆかりの人物であり、さらなる盛り上がりを見せたい」と話した。

 18年度の事業計画は(1)組織の強化(2)食品衛生法改正に伴うHACCP方式を取り入れた衛生管理推進事業(3)講習会、研修会の開催(4)経営相談および設備資金のあっせん―など。


民泊への姿勢について言及する山本理事長

関連する記事

本白根山噴火の被害なし 上信越高原国立公園の中にある万座温泉(群馬県嬬恋村)。標高1800メートルの場所にあり、「車で来れる、一番高いところにある温泉地」と万座温泉観光協…

続きを読む

日本観光振興協会と道路行政のシンクタンク、日本みち研究所は12日、地域活性化に向けた支援活動を協働で行う連携協定を結んだ。観光の切り口で「道の駅」の機能を強化、地域との連…

続きを読む

山形県旅館ホテル生活衛生同業組合(佐藤信幸理事長、326会員)の2018年度通常総会が5月29日、山形県上山市の「日本の宿古窯」で開かれた。18年度事業計画、収支予算を承…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube

長澤まさみさん「Meet Colors! Taiwan」CM発表会