民泊にもコロナ禍 制定時と環境一変

  • 2021年9月8日

民泊の宿泊実績の推移

住宅宿泊事業法 施行3年

届け出廃止も、宿泊実績は8割減

 民泊(住宅宿泊事業)を取り巻く環境は、コロナ禍の影響を受け、2018年6月の住宅宿泊事業法(民泊新法)施行時とは状況が大きく異なっている。民泊を提供する届け出住宅は事業廃止の件数が増え、宿泊実績はコロナ禍前の約8割減。民泊新法は施行から3年後に運用を見直すことになっていたが、観光庁ではコロナ禍を受けて当面は現状把握にとどめ、見直しなどの対応は今後検討する。民泊規制の在り方では、自治体の制限条例の制定状況などをホームページで紹介している。

観光庁 制限条約など現状把握

ペイウォール会員向け記事です。

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら