様子見46%、予定22% 11月下旬時点の旅行意向調査

  • 2022年1月12日

 リクルートの研究機関、じゃらんリサーチセンターは12月21日、コロナ禍以降、消費者を対象に継続的に実施している旅行意向に関するアンケート調査の2021年11月分の結果をまとめた。調査日は11月24、25日。国内宿泊旅行に意欲を持つ層は全体の67.7%に上り、20年3月以降で最高値だった。ただ、旅行意欲がある層の内訳は、旅行を予定している層は21.7%で、「旅行に行きたいが、様子を見ている」という層が46.0%と多数を占めた。

 調査はリサーチ会社のモニター会員のうち20歳以上の全国1652人が対象。同様の調査は20年3月以降、今回を含めて過去10回実施している。

 コロナ下における今後の国内宿泊旅行への意欲では、「予定をしており、気にせず行く」5.0%▽「予定をしており、気を付けながら行く」16.7%▽「旅行に行きたいが、様子を見ている」46.0%▽「旅行をキャンセル・しばらく行かない」15.5%▽「コロナ禍に関係なく、もともと行かない」11.0%▽「分からない」5.8%。

 「予定をしており、気にせず行く」「予定をしており、気を付けながら行く」の合計は21.7%で、前回調査時(21年9月)から5.5ポイント上昇した。「旅行に行きたいが、様子を見ている」という層は46.0%に上るが、前回調査時からは3.4ポイント下降した。

 じゃらんリサーチセンター研究スタッフの五十嵐大悟氏は「ワクチン接種の広がりや感染者数の減少を受けて、徐々に旅行を再開する兆しが表れている可能性がある。しかし、旅行意欲のある人の大多数は、旅行に行きたいが、様子を見ている状況にあり、旅行の再開に関しては慎重な様子がうかがえる」と指摘している。

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら