業務用アプリ作成ツール、鶴雅リゾートが導入

  • 2021年7月24日

 業務用モバイルアプリを簡単に作成できるクラウドサービス「Platio(プラティオ)」を提供するアステリア(東京都品川区)は6月30日、鶴雅リゾート(北海道釧路市)にPlatioが導入されたと発表した。鶴雅リゾートでは、宿泊客が利用する温泉の温度を管理する「浴槽温度管理アプリ」や客室の布団を敷くタイミングを知らせる「布団敷き連絡アプリ」など六つの業務アプリを独自で開発し、現場で活用している。

 Platioは、誰でも簡単に自社の業務に合ったモバイルアプリをノーコードで作成し、活用でき、現場のIT化を推進し、人手に頼っていた業務プロセスを効率化する。現場担当者がアプリから入力したデータはクラウド上に保管、管理者へリアルタイムに共有され、タイムリーに現場の状況を把握できる。

 鶴雅リゾートは、「あかん遊久の里 鶴雅」や「あかん湖 鶴雅ウイングス」など5施設でPlatioを導入。浴槽温度管理アプリなど六つの業務アプリをそれぞれ3日で開発した。

 従来は、紙や口頭で伝えていた報告をチャットツールでリアルタイムに共有していたが、タイムラインで流れるため確認に時間がかかる、ログデータの整理が困難であるといった課題があった。

 導入後は、温泉の温度状況を浴槽温度管理アプリで報告、共有することで浴場の温泉の温度管理を効率化。宿泊客がレストランに入ったことを布団敷き連絡アプリで通知し、客室の布団の準備を始めるなど、宿泊客が快適で過ごしやすい環境を実現した。

 施設の修繕箇所の発見時には「修繕依頼アプリ」を通じて写真付きで報告。修繕対応状況をリアルタイムに共有し、トラブルの発生を防いでいる。修繕報告はすべてデータベースに蓄積し、データを分析、活用することで将来的な施設修繕計画の立案に生かす。

 今後、鶴雅リゾートではレストランビジネスなどでの活用や、同じような課題を抱える同業者にもノウハウを紹介することで、業界全体のDX推進を加速したい考え。

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら