栃木・川治温泉、まちの魅力作りに懸命

  • 2009年11月28日

ノルディックウオークの体験

ノルディックウオークの体験

 栃木県日光市の川治温泉は現在、温泉街の新しい魅力づくりを進めている。川治、五十里(いかり)両ダム湖とその下流域が持つ「水のふるさと」としてのイメージや、温泉、自然などの天然資源に着目。日光市の遊歩道整備などのハード整備に合わせ、旅館組合らが自然体験やヘルスツーリズムに関するメニューの開発などソフト面の整備を進めている。

 11、12日には首都圏や栃木県内の旅行会社関係者らを対象としたモニターツアーを行い、専用のポールを手に装着して歩く「ノルディックウオーク」などの自然体験メニューや地元食材を使ったオリジナルの食メニューについて、商品化のための意見を求めた。

 モニターツアーで参加者らは、ポールを付けて温泉街を流れる男鹿川沿いの遊歩道を散策し、上半身のエクササイズにも効果があるというノルディックウオークの運動効果を体感したほか、川や周辺の紅葉の眺めから得られる「癒し効果」についても検証。川治ダムのダム湖でのカヌー体験なども行った。

 体験メニューの合間には、ご当地メニューとして開発した、日光産ほうれん草入りの肉まん風田舎まんじゅうや水をイメージしたクリスタルゼリーを添えた豆乳チーズケーキの試食会も開かれた。

 参加者からは、「周辺の鬼怒川、湯西川の両温泉にはない楽しみ方がありそう」「温泉街の中心通り沿いとは違う、『男鹿川側』の魅力を感じた」との意見のほか、「個別のメニューは魅力的だが、これらをどのようにつなげていくのかに工夫が必要」「豊富な温泉をもっと生かしたほうが良い」などのアドバイスが出た。

 モニターツアーの成果は、12月中旬に開くシンポジウムで発表する。川治温泉の新しいキャッチコピーも同時に公表する予定だ。

 一連の取り組みは、国土交通省の「水源地域活性化モデル事業」を活用したもの。旅館組合を中心に立ち上げた「川治温泉“水のふるさと”いきいき発見推進協議会」が中心となり自然体験プログラムの開発などを進めている。このうちノルディックウオークについては栃木県内で初めて、本格的な導入に向けた取り組みを開始。新たな誘客のカギとして指導者養成講習の実施やウオーキングコースの整備を進めている。

ノルディックウオークの体験
ノルディックウオークの体験

関連する記事

新規12作品地域活性に期待の声 人気アニメのゆかりの地を観光資源として生かし国内外から人を誘致、地域活性化を目指すアニメツーリズム協会(富野由悠季会長)は10月29日、…

続きを読む

沖縄県は、スポーツツーリズム戦略推進事業でイベントを開催する。 “全国から約50チームが参加する冬のビーチサッカーの祭典”「ビーチサッカー沖縄カップ」“環境シンポジウムと…

続きを読む

来年4月に国際観光学科を新設する富山福祉短期大学は10月29日、「国際観光学科開講記念シンポジウムツーリズムで成功する地域創生そのための人材育成とは」を同短大内のホー…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube