東海道新幹線に「ビジネスルーム」試験導入 

  • 2022年5月1日

ビジネスルーム(イメージ)

「駅待合室ビジネスコーナー」も拡大整備

 JR東海は4月7日、東海道新幹線のビジネス環境整備の拡充について発表した。新型「N700S」車両の車内に「ビジネスルーム」を試験導入するほか、「駅待合室ビジネスコーナー」を拡充する。

 東海道新幹線では、昨年10月から乗車前後を通してシームレスに仕事ができるなど、ワークスタイルに応じた移動時間を過ごせる環境として「S Work車両」の導入や駅待合室のビジネスコーナー整備、EXサービス会員向けワークスペース事業「EXPRESS WORK」など、ビジネス環境の整備を行っている。

 N700S車両のうち3編成に試験導入されるビジネスブースのサービスは、5月9日以降に順次開始。以前は喫煙ブースだった7、8号車間のデッキ部に、一時的な打ち合わせやウェブ会議、電話などに利用できる個室タイプのビジネスブースが試験的に設けられ、室内にはテーブル、ハイチェアコンセントなどが整備される。利用料は無料(当面の間)、利用時間は1回30分以内、利用人数は1グループ2人まで。利用予約は、乗車後に予約システムから順番を確保できる。該当列車の運行は、当日の朝にホームページで発表される。

 駅待合室ビジネスコーナーは、昨年9月から東海道新幹線の駅待合室に設けられた半個室タイプの空間。利用は無料。既に設置している東京、名古屋、新大阪駅に加え、7月ごろには品川、新横浜、京都駅の一部に半個室タイプのビジネスコーナーとコンセントポールが整備される。9月ごろには、東京、名古屋駅で追加整備される。「全ての『のぞみ』停車駅で利用できるようになる」と同社。

駅待合室ビジネスコーナー

ビジネスルーム(イメージ)

 

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram