東横イン、中国人向けホテルが好調

  • 2010年8月28日

宿泊客でにぎわうフロント

宿泊客でにぎわうフロント

 ビジネスホテルチェーン、東横イン(本社・東京)が北海道札幌市の既存店舗を改装して6月に開業した中国人旅行者向けのホテル「東横イン札幌すすきの南」が好調だ。上海や青島の団体客が宿泊、大連などからの予約も相次いでいる。

 客室(195室)はすべてツインルームで、全室で中国のテレビ放送が視聴できる。ホテル内の案内は中国語で表示。黒竜江省出身の支配人のほか、スタッフ8人が中国の出身者だ。

 同ホテルでは、「中国人向けのホテルは東横インで初めて。中国人スタッフがおり、言葉の心配もないので、個人観光客やビジネス客に安心して利用してもらいたい」と話している。

 中国からの北海道への観光客は、北海道を舞台にした中国映画の大ヒットなどで増加。道庁の統計によると、昨年度の来道者数は約9万3千人で前年度のほぼ2倍となっている。

宿泊客でにぎわうフロント
宿泊客でにぎわうフロント
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第34回「にっぽんの温泉100選」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2020年度「5つ星の宿」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第34回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2021年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・レジャー&体験」「郷土料理・」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2020年度「部門別・旅館ホテル100選」(2021年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら