東北観光推進機構フェニックス塾、第4期に40人が入塾

  • 2019年7月12日

小縣会長(前列左から6番目)と塾生による記念撮影

 東北観光推進機構(会長・小縣方樹JR東日本副会長)は6月27日、仙台市のホテルメトロポリタン仙台で第4期フェニックス塾入塾式を開いた。東北観光のスペシャリストを育成する塾で、今期は地方自治体、金融機関、旅行業者、旅館・ホテル業界などから40人が入塾した。

 小縣会長は「塾は将来の東北観光を担う人材の育成が目的だ」とあいさつ。「観光で東北の魅力を世界に発信」と題した講演も行い、「戦略的なプロモーションと、効果的な情報発信の施策を学んでもらいたい。観光の基本は『交流促進、広域連携、産業連携』の構築にある」と述べた。

 同機構の紺野純一専務理事は、機構の取り組みと東北観光の現状を説明。「観光業で重要なのは笑顔。楽しくやっていこう」と塾生に呼び掛けた。

 塾生代表の阿部克也氏(秋田犬ツーリズム)には小縣会長から入塾証が授与された。

 フェニックス塾は、地域における観光振興策を企画、立案する構想力と、それらの実践力を育成する塾で、2016年度から1期生39人、2期生34人、3期生38人と、これまで111人の塾生を輩出。それぞれが東北各地で活躍している。

 第4期の塾は来年3月の修了式まで、東北各地と新潟市、函館市などで計8回の開講を予定している。


小縣会長(前列左から6番目)と塾生による記念撮影

関連する記事

お茶の京都DMOは、「渡邊忠司氏と行く家康伊賀越えの道ウォーキング」を11月16日に実施する。 家康は今から437年前、「本能寺の変」で主君・信長の死を大阪・堺の地で知ら…

続きを読む

秋田県仙北市の乳頭温泉組合(竹内貴祐組合長)は10日、温泉郷のPRのため新たに製作した「ラッピングトラック」の出発式を、同温泉郷を巡回する乗り合いバス「湯めぐり号」の運行…

続きを読む

下旬に「巻狩まつり」 栃木県那須塩原市で26~27日、「那須野巻狩まつり」が開催される。直径2・2メートルの大鍋で作られる巻狩鍋=写真=は圧巻だ。同まつりは、源頼朝が11…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

 英語応対能力検定

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube