東北観光推進機構、フェニックス塾第4期修了式を開催

  • 2020年8月22日

終了式に臨む松木会長(前列中央右)と紺野純一専務(同左)

 東北観光推進機構(松木茂会長=JR東日本東北総合サービス社長)は4日、宮城県松島町の「ホテル大観荘」でフェニックス塾第4期生の修了式を開いた。旅館・ホテル、旅行会社、地方自治体、金融機関などから参加した塾生をはじめ、塾生の所属企業の関係者ら80人が出席。塾生38人は6グループに分かれプレゼンテーションも行い、10カ月間の学びを振り返った。

 塾長の松木会長は「コロナ禍からの感染防止と経済活動の両立を図っていくには安心・安全な旅行ができる着地型コンテンツの開発が重要だ。東北域内(東北6県と新潟県)で展開中の『絆キャンペーン』を促進し、来年4月から開催される東北DCにつなげていかなければならない。一方、観光も時代に合わせた新しい仕組み、在り方を模索していく必要がある」と塾生らに呼び掛けた。

 来賓として東北運輸局の小野協子観光部長、東北経済産業局の藤本隆産業部長、青森県観光連盟の高坂幹専務理事らが出席した。

 塾は域内の観光人材の育成を目的に2016年度に開始。1~4期で計149人が学び、各企業などで活躍している。修了式は当初3月開催予定だったが、新型コロナウイルス感染症の影響により4日の開催となった。

終了式に臨む松木会長(前列中央右)と紺野純一専務(同左)

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら