東北絆祭り、感染症対策徹底して開催 

  • 2021年2月21日

会見する山形市の佐藤市長(左、まつり実行委員会会長)と矢野秀弥・山形商工会議所会頭(同委員長)

5月22・23日、山形市で

 東日本大震災からの復興をアピールするイベント「東北絆まつり」が、5月22、23の両日、山形市内で開催される。昨年、同市で開催予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大で1年間延期となっていた。今回は感染防止対策を徹底して開催する。

 まつりの実行委員会(会長=佐藤孝弘山形市長)が3日、山形市の山形グランドホテルで総会を開き、開催概要を了承。引き続き記者会見を行った。

 まつりのテーマは「絆の火を灯す」。同市の中心部を会場に、東北6県の夏祭り団体によるパレードやイベント、祭りの展示を行う。

 感染防止対策を徹底し、パレードを23日のみ、観覧席を全席有料の約5千席に限定する予定。感染状況に応じ、開催場所を変更する場合もある。

 会見で佐藤市長は、「東日本大震災から10年。東北、山形の夏祭りを通して復興を国内外に発信したい」と述べた。

 東北絆まつりは、東日本大震災からの復興を願い2011年から16年まで開かれた「東北六魂祭」の後継行事で、17年に始まった。同年の仙台市を皮切りに、毎年会場を変えて、東北各県の県庁所在地で開催している。

会見する山形市の佐藤市長(左、まつり実行委員会会長)と矢野秀弥・山形商工会議所会頭(同委員長)

 

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram