東北バス協、高速バス乗り放題パスを試験販売

  • 2009年9月26日

東北域内のバス事業者でつくる東北バス協議会は12月から、東北運輸局、東北観光推進機構、東北経済連合会と共同で、東北6県内を走る高速バスで使える共通フリーパス「東北おトクパス」を試験的に販売する。広域観光振興のために重要度が増している高速バスをより利用しやすくするのが狙い。ニーズの把握や課題の洗い出しを通し、共通フリーパスの導入可能性を探る。

 パスは利用開始日から3日間乗り放題。東北域内発着の高速バスと一部の都市間バス75路線で利用でき、販売価格は9千円。「域内の高速バス路線すべてと主要な都市間バス路線はほぼ網羅している」(東北運輸局交通企画課)。パスで乗車できるバスには、タコをモデルにしたキャラクターのステッカーを張り、利用者から分かりやすいようにした。

 実証実験であることから、利用者全員にアンケート調査を行い、バスの利用実態や満足度についての情報を集める。また20人程度のモニターを対象としたアンケートも実施し、より詳しく利用実態を把握する。

 また、東北地方は例年冬季間の観光客の入り込みが落ち込むことから、実証実験を行うことで交通利便性を高め、観光客数の拡大も図りたい考え。「できるだけ多くの人に使ってもらいたい」と交通企画課では期待する。

 販売期間は11月から来年2月25日まで。12月から来年2月末まで利用できる。 

 販売場所は、東北圏内の主要高速バスきっぷ売り場のほか、JTB、近畿日本ツーリスト、日本旅行、トップツアー、名鉄観光の各支店とコンビニエンストアのローソン。

関連する記事

沖縄県は、スポーツツーリズム戦略推進事業でイベントを開催する。 “全国から約50チームが参加する冬のビーチサッカーの祭典”「ビーチサッカー沖縄カップ」“環境シンポジウムと…

続きを読む

来年4月に国際観光学科を新設する富山福祉短期大学は10月29日、「国際観光学科開講記念シンポジウムツーリズムで成功する地域創生そのための人材育成とは」を同短大内のホー…

続きを読む

「全国高校生伝統文化フェスティバル~伝統芸能選抜公演~」が12月15日に開催される。 文化庁・京都府・京都府高等学校文化連盟の共催による「高校伝フェス」が今年も開催! 「…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube