東北の魅力を台北でPR、推進機構やJNTO

  • 2017年12月30日

台北市内でのイベント

 東北観光推進機構などでつくる日本東北六県感謝祭実行委員会、日本政府観光局(JNTO)は12月8~10日、東日本大震災の復興への支援に感謝の気持ちを伝えるとともに、東北の観光魅力をPRするイベントを台湾・台北市内で開催した。4年連続の開催。東北の自治体や企業が出展して東北への訪問を呼びかけた。ステージで伝統芸能を披露し、食などの特産品も紹介した。

 台北市内で開かれたイベントは「日本東北遊楽日2017だいすき・とうほく」。会場は、レストランや文化施設が集まり、週末などには台北市民でにぎわう「華山1914文化創意産業園区」。オープニングセレモニーには、同実行委員会の清野智会長(東北観光推進機構会長)やJNTOの松山良一理事長らが出席した。

 2014~16年の過去3回の開催では、東日本大震災の復旧、復興への台湾からの支援に対する感謝を伝えることを中心的なテーマにしてきたが、今回からは、感謝とともに、「東北を楽しむ」「東北へ行ってみよう」をテーマとして、東北への訪問を呼びかける内容に発展させた。

 イベントには、東北6県をはじめ、JR東日本、NEXCO東日本、上山市(山形県)、蔵王町(宮城県)、宮古市(岩手県)、夏油高原スキー場(同)、安比高原・八幡平などがブースを出展した。ステージでは、ナマハゲなど東北の伝統芸能の上演、わんこそばの早食い大会などが行われた。人工雪を使って作ったかまくらや雪だるまも展示した。

 台北市内でのイベント以外にも、JNTOが12月9日に高雄市内で一般消費者向けの東北PRセミナーを開催した。台湾の訪日観光を取り扱う旅行会社などと連携し、東北を訪れる旅行商品をアピールした。

 また、国土交通省東北運輸局、東北ブロック広域観光事業推進協議会の主催による東北観光セミナーと商談会が、12月4日に高雄市、同5日に台中市、同6日に台北市で実施された。台湾の旅行会社と、東北の観光関係者が商談を繰り広げた。
 

台北市内でのイベント


東北の芸能なども披露

関連する記事

ホテル日航成田は、中国人向けモバイル決済「Alipay(支付宝)」と「WeChat Pay(微信支付)」を同時導入する。 2018年5月21日(月)に開業40周年を迎える…

続きを読む

ユニヴァ・ペイキャストは、中国インバウンドのトレンドをまとめたブック「中国インバウンドトレンドガイド2017下半期号」を発行した。 中国の消費者にもっとも馴染みのあるバー…

続きを読む

インバウンド向けエンタメチケット販売ブースが、東京タワーフットタウンに登場した。 ト消費のニーズに応えるエンタメチケット販売ブース「Tickets Today東京タワーT…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?