東北の復興道路・支援道路、2020年度末に全線開通

  • 2019年8月27日

 国土交通省は8日、東日本大震災からの復興に向けて東北の三陸沿岸などで整備を進めてきた復興道路・復興支援道路の全長550キロが2020年度末までに全線開通すると発表した。周遊の利便性向上による観光の活性化をはじめ、物流の効率化、医療支援、地域産業の振興につながることが期待されている。

 これまでに全長の約7割に当たる397キロが開通しているが、残り153キロについても工事が進み、具体的な開通時期の見通しが立った。

 開通の見通しは、19年内に相馬福島道路の相馬―相馬山上など2区間約9キロ、19年度末には三陸沿岸道路の久慈北―侍浜など3区間約12キロ。20年夏ごろまでには、三陸沿岸道路の宮古中央―田老真崎海岸など3区間約23キロ、20年内には三陸沿岸道路の田野畑北―普代村第11地割など4区間約25キロ。

 20年度末には9区間約84キロが開通する見通しとなった。主な区間は、三陸沿岸道路の普代村第16地割―久慈、田野畑村大芦―田野畑村田野畑、気仙沼港―唐桑南、宮古盛岡横断道路の宮古市平津戸―宮古市区界、相馬福島道路の福島保原線―国道4号。

 石井啓一国交相は会見で「復興道路・復興支援道路は、復興のリーディングプロジェクトとして、おおむね10年間という短期間での全線供用を目指して事業を進めてきた。全線開通は、地域のにぎわいやなりわいの再生および震災からの復興を力強く後押しするものとして、非常に意義のあることだと認識している」と述べた。

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram