東京都歴史文化財団、「世界無形文化遺産フェスティバル2020」に4,600名無料招待

  • 2020年2月3日

 東京都歴史文化財団は、「世界無形文化遺産フェスティバル2020」に4,600名を無料招待する。

日本初披露の民族芸能が世界五大陸から日比谷に集結!
世界無形文化遺産フェスティバル2020は、2020年4月18日(土)、19日(日)日比谷公園において開催される、世界各地に継承されている貴重な歌や踊りを披露するフェスティバルです。本フェスティバルは、東京都と公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京が主催するTokyo Tokyo FESTIVALスペシャル13のひとつとして公益社団法人全日本郷土芸能協会が企画し、実施するものです。
世界無形文化遺産フェスティバル2020では、ユネスコ無形文化遺産代表リストに記載された芸能 をはじめとする無形文化遺産が、東京に一堂に集結します。日本初披露の芸能を含む五大陸6ヶ国(インドネシア共和国、エストニア共和国、エチオピア連邦民主共和国、トンガ王国、ブータン王国、ホンジュラス共和国)の団体と、さらに国内から東北3県(岩手県、宮城県、福島県と東京都の計4団体が、都立日比谷公園大音楽堂(野音)等で民族 芸能を披露します。
ついては、本フェスティバルの観覧申込受付を2月1日(土)より開始します。両日で概ね4,600名様に無料でご参加いただけます。カラフルな装束や迫力あふれるパフォーマンスなど、滅多に体験できない世界各地の民族芸能を一度に楽しめるこの希少な機会をお見逃しなく。

 

「世界無形文化遺産フェスティバル2020」開催概要
・日程:2020年4月18日(土)・19日(日) ※雨天決行、荒天中止
・会場:都立日比谷公園大音楽堂(野音)、小音楽堂、草地広場、噴水広場 他
・入場料:無料 ※野音ステージのみ要事前申込
・開催内容:
●野音ステージ:全出演団体が登場し、各地域に継承されている貴重な歌や踊りを披露します。(手話通訳、英語、車椅子対応あり、要事前申込)
●交流ステージ:予約不要で出入りも自由に、各国に民族芸能をライブ感のある空間でご覧いただけます。
●「エチオカラー」ライブステージ:日本初来日のエチオピアの楽師・吟遊詩人集団「エチオカラー」によるスペシャルライブです。
●World Performing Arts Parade:五大陸のさまざまな民族芸能が集結し、日比谷公園の噴水広場周辺をパレードします。
野音ステージ応募方法
【WEB申込フォーム】https://wfes.jp/application-form/
【往復はがき】往信面に代表者の 1. 氏名(フリガナ) 2. 郵便番号・住所 3. 電話番号またはメールアドレス 4. 希望日(A:4/18  B:4/19のいずれか を明記。) 5. 希望人数(1通につき2名まで。未就学児も1名。) 6. 性別(任意) 7. 職業(任意)を明記の上、返信面の表に代表者の郵便番号・住所、氏名を記入し、世界無形文化遺産フェスティバル2020事務局(〒106-0032 東京都港区六本木4-3-6-206)宛に申込。
・申込期間:2020年2月1日(土)~3月16日(月)23:59(往復はがきは3/16必着)
※応募多数の場合は抽選となります。
※応募締切後、当落に関わらず3月末日までに通知いたします。
※座席(2,300席)は自由席となります。
※車椅子席をご希望の方はその旨明記ください。必要に応じて同伴者とご来場ください。
※当日券(立見)あり。詳細は後日公式WEBサイトにてお知らせします。
※いただいた個人情報は、本フェスティバルの運営管理の目的のみに利用します。

■主催:東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京
■後援(予定):インドネシア共和国大使館、 エストニア共和国大使館、エチオピア連邦民主共和国大使館、トンガ王国大使館、在東京ブータン王国名誉総領事館、ホンジュラス共和国大使館、岩手県、宮城県、福島県
■協力:株式会社宮本卯之助商店
■企画・制作:公益社団法人全日本郷土芸能協会
■公式WEBサイト:https://wfes.jp/

  • 招聘芸能(国名50音順)

(1)芸能名:「ガヨの伝統舞踊 サマン」
団体名:サマン・ガヨルエス“ルンギウップ・ランチュン”
国名:インドネシア共和国
(2)芸能名:「セト・レーロ セトの多声歌唱」
団体名:セトの花合唱団
国名:エストニア共和国
(3)芸能名:「エチオピアの民族芸能」
団体名:エチオカラー
国名:エチオピア連邦民主共和国
(4)芸能名:「トンガの歌と踊り ラカラカ」
団体名:トンガ文化芸能団
国名:トンガ王国
(5)芸能名:「東ブータンのヤクの踊り」
団体名:メラ村芸能団
国名:ブータン王国
(6)芸能名:「ガリフナ民族の歌と踊り」
団体名:国立ガリフナ民族舞踊団
国名:ホンジュラス共和国
(7)芸能名:「仰山流笹崎鹿踊(ぎょうざんりゅうささざきししおどり)」
団体名:仰山流笹崎鹿踊保存会
地名:岩手県大船渡市
(8)芸能名:「秋保(あきう)の田植踊」
団体名:湯元(ゆもと)の田植踊保存会
地名:宮城県仙台市
(9)芸能名:「じゃんがら念仏踊り」
団体名:福島県立いわき海星高等学校チーム「じゃんがら」
地名:福島県いわき市
(10)芸能名:「和太鼓」
団体名:(公財)日本太鼓財団東京都支部、大江戸助六太鼓、東京ろう者和太鼓倶楽部鼓友会
地名:東京都

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram