東京都、銀座で東北3県PR

  • 2022年12月4日

 東日本大震災からの復興を支援する東京都の「東北3県(岩手・宮城・福島)ふるさと市」が12~17日、東京メトロ銀座駅で開催された=写真。運営はコングレ(東京都中央区、武内紀子社長)が担当。

 都復興支援対策部によると、福島復興のためキャンペーンを展開しており、その一環として福島県との共催で「福島産直市」を実施。2020、21年度はコロナのため中止となったが、22年度からは岩手、宮城両県を加え、7月8~14日、銀座駅で初めての3県ふるさと市を開催した。

 2回目となる今回は、12~13日に福島、14~15日が岩手、16~17日を宮城の「市」とし、地下鉄乗降客らに各地の銘菓や地酒など特産品を販売。 

 福島市では「ロボットで福島を体験しよう」をテーマに、会場と郡山市のコミュタン福島をリアルタイムでつなぎ、ロボット「newme」を遠隔操作して施設見学を行った。「週末とあってか、ファミリー層を中心に多くの来場があった」(コングレ)という。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram