東京都、東京オリパラ延期で宿泊税課税停止を延長

  • 2020年4月21日

 東京都は8日、東京五輪・パラリンピック開催に伴い、7月1日~9月30日まで宿泊税を課税停止としていたが、大会延期を受けて課税停止の期間を延長する方針を発表した。当初から1年間延長し、7月1日~来年9月30日に変更する予定。

 宿泊税は、国際都市東京の魅力を高めるとともに観光の振興を図る施策に要する費用に充てることを目的に、2002年10月に導入。旅館・ホテルの宿泊者に対し、1万円以上1万5千円未満の宿泊(1人1泊)の場合は100円、1万5千円以上の宿泊(同)の場合200円を課していた。

 今後、令和2年第2回都議会定例会で東京都宿泊税条例改正案を提案する予定。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram