東京都、「東京2020大会時における伝統文化等の魅力発信事業」への協力文化団体を募集

  • 2020年1月7日

 東京都は12月24日、「東京2020大会時における伝統文化等の魅力発信事業」への協力文化団体の募集を始めた。

東京都では、オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に向けて、東京を文化の面から盛り上げるため、Tokyo Tokyo FESTIVALとして、伝統文化や伝統芸能をはじめ、多彩な文化プログラムを展開し、芸術文化都市東京の魅力をアピールする事業を展開しています。
都は、東京2020大会の開催期間を中心として、国内外から東京を訪れる記者や観光客等に、日本の伝統文化や伝統芸能を体験していただく機会を提供することを予定しています。
このたび、本事業に協力していただける文化団体を募集します。

「Tokyo Tokyo FESTIVAL」とは
オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に向けて
東京を文化の面から盛り上げるため、多彩な文化プログラムを展開し、
芸術文化都市東京の魅力を伝える取組です。

「2020年に向けた実行プラン」事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「スマート シティ 政策の柱8 芸術文化の振興」

本件は、「ホストシティTokyoプロジェクト」に係る事業です。
「 カテゴリー:魅力発信  プロジェクト名:東京文化プログラムの拡充・推進 」

【募集期間】
令和元年12月24日(火)から令和2年1月24日(金)まで

【対象分野】
日本の伝統文化・伝統芸能
対象外 都が別途実施する茶道・華道・伝統工芸等の他、メディア芸術(映像、マンガ、アニメ、ゲーム等)、スポーツ、建築等は対象外です。

【募集数】
20団体程度

【会場】
東京都メディアセンター(※)(東京都千代田区丸の内3-8-3)内

※   「東京都メディアセンター」とは・・・
東京都では、東京2020大会組織委員会が設置するメインプレスセンターや国際放送センターとは別に、東京2020大会期間中に訪れる数多くの国内外メディアの方の取材活動を支援するため、2020年7月に有楽町駅から徒歩1分の立地にある東京スポーツスクエア内に「東京都メディアセンター」の設置を予定しています。センター内には、メディアの方に向けたワークスペースやラウンジ、インタビュールーム、記者会見室などを設け、快適な取材環境を提供するだけでなく、都民の方や、国内外の観光客の方も入場が可能なエリアとして、東京都の施策をわかりやすく展示し、様々な体験もできる「都市情報コーナー」も設置します。

【活動期間】
東京都メディアセンターの開設期間(※)のうちの2日間程度(予定)
※ 令和2年7月10日(金)から9月7日(月)まで(予定)
(8月11日(火)から8月22日(土)の間は閉鎖)

【応募方法】
応募方法等の詳細については、東京都ホームページ内の「募集要項」ご覧いただき、インターネット、郵送又はFAXでご応募ください。
〇 東京都ホームページ内「募集要項」
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2019/12/24/08.html

〇 インターネットの応募フォーム
https://reg18.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=pase-lanjlf-17861be4a47585193c4c67d678ff5df2

〇 郵送 送付先:伝統文化等の魅力発信事業 事務局
〒174-0042 東京都板橋区東坂下2丁目7-7

〇 FAX 03−4477−5021

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram