東京スカイツリータウンがオープン、初日は22万人が来場

  • 2012年5月26日

 世界で最も高い自立式電波塔として国内外で注目を集める東京スカイツリーと、隣接する商業施設「東京ソラマチ」などからなる東京スカイツリータウンが22日開業した。初日のスカイツリータウンへの入場者は、20万人の予想のところ、約21万人9千人、スカイツリーの入場者は9千人。雨天にもかかわらず、多くの人が買い物などを楽しんだ。

 スカイツリーの出発ゲート前で行われた、東京スカイツリー開場式には、鈴木道明・東武タワースカイツリー社長、根津嘉澄・東武鉄道社長のほか、地元から山﨑昇・墨田区長、同区出身で、墨田区名誉区民でもある王貞治・福岡ソフトバンクホークス会長らが出席。

 あいさつした鈴木社長は、「今日からスカイツリーの歴史が始まる。スカイツリーで国内外の皆さんにものづくりや人情などの墨田の魅力、新しい日本の魅力を体感してもらいたい。われわれもスカイツリーが名前の通り、天空に向かって成長する大樹となるよう、努力していく」と語った。

 式典には、タワーの名称を決める投票で「東京スカイツリー」に投票した人の中から「東京スカイツリー名づけ親賞」に選ばれた、中澤歩さんも出席。鈴木社長が来塔1番目の認定証を贈呈したほか、公式キャラクターのソラカラちゃんが花束を贈った。

関連する記事

兵庫県の尼崎城が3月29日から一般公開される。 2018年11月30日に旧家電量販店の創業者である安保詮氏から寄贈を受け、尼崎城址公園の整備を進めるととともに、市民や事業…

続きを読む

日本旅館協会北海道支部連合会は11日、会員旅館を対象に実施している宿泊実績調査の2019年2月の結果をまとめた=表。前年同月の実績に対して宿泊人員が1.8%減、売り上げが…

続きを読む

山形県(吉村美栄子知事)と山形県旅館ホテル生活衛生同業組合(佐藤信幸理事長)は5日、災害時における宿泊施設提供の協定を締結した。災害発生時、県が高齢者、障害者、妊産婦など…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube