来道観光客、3年ぶりに減少

  • 2009年8月29日

 北海道庁はこのほど発表した2008年度の観光入込客数(実人数)は、前年度比5.1%減の4707万人となり、前年比で3年ぶりに減少した。「生キャラメル」をはじめ北海道のスイーツに人気が集まるなどの好材料はあったが、景気後退により旅行の出控え、急激な円高に伴う外国人旅行者の減少などが影響。全体の8割以上を占める道内客もガソリン価格の高騰などで減少した。

 入込客数の内訳をみると、道外客が3.2%減の628万人、道内客が5.3%減の4079万人だった。道外客のうち外国人客数は、現在の調査手法となった97年度以降で初の減少となり、3.1%減の69万人に低迷した。

 四季別にみると、道外客全体では春(4〜5月)は前年を1.2%上回ったが、以降は前年割れで推移。このうち外国人は夏(6〜9月)までは前年を上回っていたが、円高が進行した秋以降はマイナスとなり、冬(12〜3月)は18.8%減。道内客は四季を通じて前年に届かなかった。

 日帰り・宿泊別では、日帰り客が6.6%減の3300万人、宿泊客は1.2%減の1407万人。宿泊は、道外客では3.2%減の626万人だったが、道内客では0.5%増の781万人とわずかながら増加したのが目を引く。

 観光入込客延べ人数を地域別にみても、全地域で前年を下回る結果だった。ただ、延べ宿泊客数は、道央と道南がともに2.0%増と伸びた。

 道や道観光振興機構では、厳しい状況が今年度も続いているとみて、道民の観光を活性化する「泊まるたび、巡るたびキャンペーン」、道外客向けの特色あるツアー商品の展開、さらにはアジア客誘致に向けた海外プロモーションなどを積極的に推進している。

関連する記事

来年4月に国際観光学科を新設する富山福祉短期大学は10月29日、「国際観光学科開講記念シンポジウムツーリズムで成功する地域創生そのための人材育成とは」を同短大内のホー…

続きを読む

「全国高校生伝統文化フェスティバル~伝統芸能選抜公演~」が12月15日に開催される。 文化庁・京都府・京都府高等学校文化連盟の共催による「高校伝フェス」が今年も開催! 「…

続きを読む

大和ネクスト銀行はこのほど、「国内旅行に関する調査2019」を発表した。秋の紅葉シーズンに合わせ、好きな紅葉スポットを聞いたところ、1位は日光(栃木県)、2位嵐山(京都府…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube