札幌国際観光が新ホテル 「センチュリーマリーナ函館」開業

  • 2019年5月25日

センチュリーマリーナ函館(外観)

 北海道内で3ホテルを運営する札幌国際観光(桶川昌幸社長)は1日、函館市のJR函館駅近くに新ホテル「センチュリーマリーナ函館」をオープンした。

 規模は地上15階建て286室(定員587人)で、敷地内から湧出する温泉を利用した露天風呂やユニバーサルデザインのフロアを設け、ペット可の部屋などもつくった。 

 場所は函館朝市に隣接するベイ地区で、赤レンガ倉庫や元町教会群などの観光スポットにも近く、ゆっくり観光を楽しみくつろいでもらうホテルとして、家族旅行客らの取り込みを目指す。

 最上階には函館山や港を一望する天空露天温泉、14階に温泉大浴場とエステルームを設置。13階はロイヤルフロアで温泉付きの客室とし、11~12階はプレミアムフロア、3~10階はスタンダードフロアで、それぞれシャワールーム付きの客室。1階はペットと宿泊できる客室となっている。

 2階は朝食レストランと地元産品などを販売するマルシェで、朝食レストランでは地元産の新鮮食材を使った体に優しい朝食を提供する。宿泊料金は、スタンダードフロアが1泊朝食付きで1人1万5千円から4万円(税込み)。

 函館市では2016年の北海道新幹線開業を受けて宿泊施設の進出が相次いでいる。同ホテルでは立地の良さや天然温泉、こだわりの食事などをPRし、認知度を高めていきたいとしている。


センチュリーマリーナ函館(外観)

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram