未来科学の空間除菌器「行燈型ステライザ」

  • 2022年10月20日

行燈型ステライザ

日本伝統の組子模様の行燈型

 空間衛生管理システムの開発、製造を行う未来科学(東京都千代田区)は、旅館・ホテルなどの観光業界に対して、今秋発売した据置型の空間除菌器「sterilizAir(ステライザ)シリーズ」の「行灯型ステライザ」の営業を強化している。

 新製品は、高さ420×幅210×奥行き210ミリ、重さ5.1キロとコンパクトでありながら、70平方メートル(53畳)の空間除菌に対応した。

 本体に日本伝統の組子模様をあしらい、和のテイストにマッチするデザインに仕上げた。「ステライザを導入している宿泊施設からの要望で製品化に至った」と同社。

 ステライザの最大の特徴は、除菌方式に促進酸化法を採用した点。プラズマによって生成された気相活性酸素種(ROSマルチプラズマ)を室内空間に拡散することで、空間に浮遊する菌やウイルスをはじめ、従来の空気清浄機では処理が難しいモノの表面に付着した菌やウイルスを除菌、不活化する。また、強力な消臭効果もある。

 「新型コロナウイルスに対しては、日本繊維製品品質技術センターで国立感染症研究所からの分与株を用い、2時間で99.61%減少した」と話す。

 この気相活性酸素種の原料は空気中の酸素や水で、菌やウイルスに作用した後は再び酸素と水に戻るため「人、環境、機器に対し安全・安心に使用でき、米国ではオーガニック製品として位置付けられる」という。

 すでに、国立病院機構をはじめとした医療機関や宿泊施設、海上自衛隊などでも採用され、空間衛生管理に活用されている。

 製品ラインアップは、新機種の行灯型をはじめ、100平方メートル(66畳)対応の「USJ―2」と10平方メートル(7畳)対応の「USJ―5」がある。

 

行燈型ステライザ

SterilizAir オフィシャルサイト

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram