朝獲れ農産物を首都圏に JR東と農業総研が実証実験

  • 2021年9月26日

 JR東日本は14日、「ローカルDX」推進の一環として、中央線の列車を活用し「JRE農業ステーション」から首都圏消費地へ朝どれ農産物を輸送する実証実験を始めた。農業総合研究所と連携して実施。販売は毎週火曜日、木曜日(祝日除く)で、11月30日まで。

 実証実験では、中央線辰野駅に整備した「JRE農業ステーション辰野駅」で集荷した朝どれの農産物を、八王子駅構内「やまたまや」(運営者はJR東日本クロスステーション)で販売。朝どれブロッコリー(1個250円)など、本来生産地の近隣でしか手に入らない鮮度が高く魅力ある農産物が提供されている。

 JR東日本は、グループ経営ビジョン「変革2027」で掲げる「地方を豊かに」する取り組みの一環として農業総合研究所との提携を通じた農業の活性化で地方創生に貢献している。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram