書評「SPA FINDER2009」

  • 2008年12月13日

 在京の外資系高級ホテルや老舗温泉旅館などで、高いレベルのスパトリートメントが楽しめる施設が増加している。一方で、デイスパなど気軽に利用できる施設も目立つようになり、スパサービスは日本の消費者にとってより身近なものとなりつつある。

 06年から日本国内のスパサービスに関する情報総合サイトを運営する「スパファインダー」はこのほど、日本のスパ施設136軒を紹介するスパガイドブックを発行した。掲載した136施設は、スパファインダー登録施設のほか、さまざまなメディアからリストアップした施設から選考委員が選んだ。

 スパ通によって選ばれたスパをまとめた「コノシア・スパ」のほか、「ホテル・リゾートスパ」「デイスパ」「ヘッドスパ」「メディカル・スパ」の5項目に分類し、各施設のサービス概要を紹介する。特にホテル・リゾートスパの項目では、温泉地にある施設を数多く取り上げている。

 米国のスパファインダー社が年間25万冊発行するスパガイドブックの日本版。

 角川SSコミュニケーションズ刊。1260円。

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram