書評「観光地づくりの政策評価と統計分析」 土居英二編

  • 2009年10月31日

副題は、熱海市と静岡県における新公共経営(NPM)の実践。NPMとは民間企業の経営手法、発想を行政運用に導入すること。統計を用いれば税金の使い道に対する費用や効果を数字で示し、行政は市民らへの説明責任を果たせると編者。観光地づくりを進める行政のほか、市民を読者として想定した。

 編者は、静岡大学で経済統計学を教える土居英二名誉教授。日本の行政システムでは「補助金獲得のために過大評価された中央省庁向けの過大な統計情報が最初にあり、住民向けにはあとで提示される構図。順序が逆であり住民自治が機能していない」と指摘する。

 調査研究は、いずれも熱海市や静岡県がこれまでの観光地づくりで直面した課題を取り上げた。例えば、景観の値段。今ある熱海の景観を維持するために熱海市民は市全世帯で毎年1億3380万円支払っても良いと考えている、という。

 問い合わせは日本評論社(TEL03・3987・8598)まで。

関連する記事

JTBグループで旅行・ライフスタイル情報を提供する株式会社JTBパブリッシング(東京都新宿区、代表取締役社長執行役員:今井敏行)は、小学生向けの学習地図帳『るるぶ 地図…

続きを読む

ゆこゆこホールディングス(ゆこゆこ)はこのほど、マガジンハウスが発行する雑誌「Hanako」とコラボレーションし、「いい湯に出会う旅。保存版温泉本」=写真=を発行した。と…

続きを読む

ピクセラ(大阪市)は10月30日、旅館・ホテル向けの4Kチューナー内蔵テレビ「BIZmode」を発表した。40型、43型、50型、55型の4種類を用意する。 テレビは、…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube