書評「観光カリスマ100選」

  • 2009年5月2日

 著者は、山梨県立大学教授で「地域振興論」を担当、まちおこしの方法論を教えている。観光カリスマに認定された100人が「一体どのようなことをどのように実現したのか強い関心を持った」という筆者が、3年をかけて各地の観光カリスマを取材しその活躍をまとめたのが本書。カリスマを「結果を出した人」と評価しており、ノウハウはもちろん、その人から学んでほしいという。

 観光カリスマには、歯科医、僧侶など観光と無縁の異色の存在も多いが、(1)目的に向かっての信念を持っている(2)独自のアイデアを生み出す(3)強いリーダーシップ(4)あきらめない(5)人に優しくホスピタリティ豊か──という共通点があるという。

 選ばれた人がどういったきっかけで事業に取り組み、失敗や苦難を乗り越えて現在の成功をつかんだかを、温泉地づくり、旅館ホテルの経営事例、イベントや祭りの事例など分野別に紹介する。顔写真も掲載しており親しみやすい。

 日本文芸社、952円。275ページ。

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram