書評「サービス産業進化論」

  • 2010年1月23日

 「わが国のサービス産業は製造業と比較しても、そして諸外国と比べてもその生産性の伸び率が低い」と著者。現在のサービス産業が生産性向上に向けて行っているさまざまな取り組みを現地調査。宿泊、交通、医療、食事、医療、小売の各サービスの歴史を振り返りながら現状を明らかにし、さらにサービス産業がどのようなメカニズムで進化しているのかを示している。

 宿泊サービスでは、先進的な事例として加賀屋や湯元館、リッツカールトン、阿寒グランドホテルなどを紹介しており、各施設のサービス手法や顧客の獲得法も学べる。例えば加賀屋や阿寒グランドホテルでは、客に合わせた良質のサービスを提供するため、客室係が客との会話から得た情報を組織的に集中管理。副支配人や支配人などのスタッフに情報が行き渡り、高い顧客満足度を維持する。

 サービスの研究かだけでなく、実務に携わる人も読者として想定した。

 価格3500円。全238ページ。問い合わせは生産性出版(TEL 03・3409・1133)

関連する記事

ピクセラ(大阪市)は10月30日、旅館・ホテル向けの4Kチューナー内蔵テレビ「BIZmode」を発表した。40型、43型、50型、55型の4種類を用意する。 テレビは、…

続きを読む

11⽉18⽇からスタートする「世界イタリア料理週間」にて、書籍『現地発! イタリア「街グルメ」美味しい話』(世界文化社刊)の著者・⼤⽮⿇⾥さんのトークイベントが開催されます…

続きを読む

NECのデジタル技術を導入 現在の小売業では人手不足の問題が大きな課題となっている。その中で、大手コンビニエンスストアのローソンは、深夜帯の売り場の省力化を図った店舗実験…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube