星野リゾートと日本政策投資銀行、経営難の宿泊施設支援へ141.4億円のファンド設立

  • 2017年8月20日

 星野リゾートと日本政策投資銀行はこのほど、資金不足や宿泊客の減少などで経営難に陥っている旅館・ホテルを支援するための共同運営ファンドを設立した。「支援を強力に推進することで、観光交流人口の増大による地域創生に貢献していく」としている。

 このファンドは、「星野リゾート旅館・ホテル運営サポート2号投資事業有限責任組合」(2号ファンド)。ファンドの規模は141億4千万円で、運営期間は10年間とした。星野リゾートと政投銀が主導し、三井住友やみずほ、三菱東京UFJなどメガバンクも出資する。

 2015年12月、星野リゾートと政投銀は1号ファンドを組成し、事業承継、耐震改修、および過小資本など、事業継続に支障を来す経営課題を抱えている旅館・ホテルを支援してきた。今回、これらの問題解決に加えて、新事業展開も含めた支援体制を強化するため、メガバンクや外部LP(リミテッドパートナー)投資家などを加えて2号ファンドを組成した。

 具体的には、資金が乏しいため改修や建て替えなどができない旅館・ホテルに対し、関連費用の投融資を行うほか、新増築など事業拡大も支援する。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram