星野リゾート、新型コロナへの対応策紹介

  • 2020年5月12日

「衛生管理」「3密回避」

 国内外に42軒の宿泊施設を運営する星野リゾートはこのほど、新型コロナウイルス感染予防策として、同社が対策軸として掲げる「衛生管理」「3密回避」に対応する独自の取り組みを発表した。新型コロナウイルスでストレスを抱える人たちが心を解放して過ごせる滞在を準備する。

 衛生管理対策は、(1)チェックイン時の検温実施と海外渡航歴の確認(2)通常の客室清掃に加え、ホテル館内のアルカリ電解水による清掃と拭き上げの実施(3)館内各所での除菌用アルコールの設置(4)レストラン入店時に全てのお客さまへアルコール消毒の実施(5)食器類(皿、グラス)やカトラリーの高温洗浄(80度以上)、食事用トレイの除菌洗浄(6)館内の接客業務ではマスクを着用(7)スタッフの健康と衛生面の管理徹底(出社前の検温と記録確認)―の七つを実施。「37.5度以上の発熱が認められた場合、保健所の指示に従い宿泊を遠慮いただく場合がある」と同社。

 3密回避対策は、密閉、密集、密接を回避するため、全施設で(1)滞在中、混雑が確認された場所での入所、入店規制(2)レストランの混雑状況を管理し、入店時間の分散化を実施(3)チェックアウトのフロント精算時に、入列規制を適宜実施―の三つを実施している。

 ビュッフェレストランがある施設では、ビュッフェ形式からセットメニュー、テイクアウト形式への転向やレストランテーブル席の間隔を1.8メートル以上にしている。

 プールがある施設では、ロッカー数の間引きや間隔を空けるほか、混在状況をウェブで確認できる新サービスを開始している。

 また、宿泊施設「星のや」「界」では人との接触を避けるため、フロントでのチェックインを一時的に中止し、チェックインは客室まで案内した後に客室で行っている。

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram