日観振関東、「春の観光展」で東北デスティネーションキャンペーンPR

  • 2021年4月7日

東北6県も出展したが、スタッフの派遣を見送るところも(3月26日)

 日本観光振興協会関東支部(白石敏男支部長)は3月25~27日、さいたま市のJR大宮駅構内で「春の観光展」を開催した。新型コロナウイルスの影響で旅行しにくい状況が続いているが、パンフレットを手に取る人も多く、旅行意欲の高さをうかがわせた。

 コロナの感染拡大を防ぐため、従来行っているステージイベントやマスコットキャラクターによるパフォーマンスは中止した。

 4月1日から始まる東北デスティネーションキャンペーン(DC)のPRを兼ねて東北6県(青森県、岩手県観光協会、宮城県・県観光連盟、秋田県・県観光創生推進会議、山形県観光物産協会・県奥の細道観光資源保存会、福島県観光物産交流協会)も出展する予定だったが、感染者が増えていることからほとんどの県がスタッフの派遣を見送り、同支部などがカバーした。

 群馬、埼玉、千葉、神奈川、新潟各県は通常通り出展。

 規模を縮小しての開催となったが、同支部の蔦谷明彦事務局長は「観光の灯を消さないよう、感染防止対策を徹底した上で今できることを全力でやるしかない」と気を引き締めていた。

 近くのデパートに行く途中に立ち寄った、という市内在住の女性は「コロナが収束したら旅行に行きたい。我慢も限界。(各県のブースで)パンフレットを集め、その時に備えたい」と笑顔で話した。


東北6県も出展したが、スタッフの派遣を見送るところも(3月26日)

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram