日観振・日商の研究会、3地区で観光危機管理モデル事業

  • 2021年10月14日

 日本観光振興協会と日本商工会議所が設立した「観光危機管理・事業継続力強化研究会」は10月から、観光危機管理に関するモデル地区事業を静岡県中部、三重県鳥羽市、広島市の3地区で実施する。

 同研究会は事業継続計画(BCP)について、観光関連事業者向けモデル案を作成している。同事業では、支援人材(商議所、観光協会、DMO、自治体職員など)が観光関連事業者のBCPの必要性、内容を学び、BCP策定支援方法を習得する「支援人材育成セミナー」と、地元観光関係者が参加し、セミナー参加者と共に実際に自社のBCPを策定する「事業者向けワークショップ」を開催する。

 この取り組みを通じ、地域全体で行うモデルを構築することで、観光関連事業者のBCP策定の普及を目指す。

 静岡県中部地域は10月26、27日、11月25日に静岡市のレイアップ御幸町ビルで、鳥羽市は鳥羽商工会議所で11月9、10、26日に開催する。広島市は未定。講師は観光レジリエンス研究所代表の高松正人氏。

 参加費無料。問い合わせは日観振、TEL03(6435)8332。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第34回「にっぽんの温泉100選」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2020年度「5つ星の宿」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第34回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2021年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・レジャー&体験」「郷土料理・」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2020年度「部門別・旅館ホテル100選」(2021年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら