日観協、来年度から公益社団法人に

  • 2012年6月16日

公益法人への移行を決めた総会

公益法人への移行を決めた総会

 日本観光振興協会(西田厚聰会長、701会員)は12日、東京都港区の東京プリンスホテルで今年度通常総会を開催した。総会では、協会が公益性のある事業を行っていることから「公益社団法人」への移行を進めるほか、昨年東日本大震災の影響で中止した「旅フェア」を11月に都内で実施することなどを決めた。

 総会には会員ら約300人が出席。冒頭あいさつした西田会長は「震災から1年経ったが、国内旅行需要は地域や業種により完全に回復していない」と観光業全体の厳しさを指摘、「正確な情報発信を行い、確実な復活につなげたい」と強調。

 来賓の井手憲文・観光庁長官も祝辞で、観光業底上げのため、官民一体の取り組みの重要性を強調した。

 協会の法人格については、来年度から現在の「社団法人」を「公益社団法人」に移行する方針が承認された。

 公益社団法人は、公益認定法に基づく法人格で、同法が掲げる「地域社会の健全な発展を目的とする事業」に、協会の観光振興事業が合致していることで、社会的評価が高まることが期待される。さらに税制上の優遇措置も適用される。

 法人格移行に伴い、定款変更も承認された。大きな変更点は役員体制。移行後の理事は理事会への代理出席が認められないため、現理事は理事会に出席義務のある「理事」と代理出席可能な「評議役員」に分離した。さらに、専務理事を「副理事長」とし、理事長補佐の立場を明確にした。

 任期満了に伴い、新役員の選考も行われた。吉田正嗣理事長は退任し、後任に、見並陽一・JR東日本常務が就任、専務理事(定款変更後は副理事長)には齋藤芳夫・日本海事センター常務理事が就いた。

◇     ◇     ◇     ◇     ◇

 新任役員は次の通り。

 【副会長】石渡恒夫(京浜急行電鉄社長)▽大西賢(日本航空会長)

 【理事長】見並陽一(JR東日本常務)

 【専務理事=定款変更後は副理事長】齋藤芳夫(日本海事センター常務理事)

 【常務理事】野口英明(委員会事務局担当)

 【理事】石川邦大(トップツアー社長)▽尾川欣司(国際観光日本レストラン協会会長)▽奥義光(東京地下鉄社長)▽河野英雄(名古屋鉄道会長)▽角和夫(阪急阪神ホールディングス社長)▽出口秀巳(JR東日本執行役員八王子支社長)▽徳永雅典(全国旅行業協会副会長)▽中島都志明(休暇村協会常務理事)▽廣川允彦(日本温泉協会会長)▽不川智詞(全日本シティホテル連盟会長)▽松山良一(国際観光振興機構理事長)

 【監事】佐々木信幸(ジェイアール東日本企画社長)=敬称略

公益法人への移行を決めた総会
公益法人への移行を決めた総会
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram