日本観光振興協会、観光経営セミナーを1冊に 

  • 2018年3月18日

 日本観光振興協会(日観振)はこのほど、「観光経営トップセミナー2017年版」の講義内容を1冊にまとめた「日本観光を担う次世代リーダーへ つかめ! 新時代のビジネスチャンス」を発行した=写真。編者は日観振と首都大学東京。観光業界で活躍するトップ26人がツーリズムビジネスの極意を伝える。

 観光経営トップセミナーは、日本の観光産業に関わる人材育成を目的に、観光マーケティングや経営理論を学ぶもの。

 本書は、2017年に7回目を迎えた首都大学東京、日観振主催「観光経営トップセミナー」の講義内容を1冊に凝縮した。「理論編」「実践編」「フィールドワーク編」で構成。幹部候補生に求められる戦略思考について、データやマーケティング論を用いての説明や国内各地の事例分析、フィールドワークからの将来提言などを分かりやすく紹介する。

 巻頭特別企画として、観光の最前線に立ってきたJTB相談役の舩山龍二氏、国連世界観光機関(UNWTO)駐日事務所代表で首都大学東京特任教授の本保芳明氏、日観振理事長の久保成人氏らが、オールジャパンで取り組む観光先進国の取り組みを紹介する。

 本編では、観光庁の田村明比古長官など産学官のトップたちがこれからの観光を説明している。

 価格は2500円(税別)。301ページ。問い合わせ先は日観振TEL03(6435)8337。


関連キーワード

関連する記事

NECのデジタル技術を導入 現在の小売業では人手不足の問題が大きな課題となっている。その中で、大手コンビニエンスストアのローソンは、深夜帯の売り場の省力化を図った店舗実験…

続きを読む

KADOKAWA(本社:東京都千代田区代表取締役社長:松原眞樹)は8日、「ラーメンWalker2020」の第4弾、新潟版、山形版、千葉版の3エリア版を発売した。 全国の…

続きを読む

ホテルスパのクレドインターナショナルは、ウェルネス業界の国際会議「グローバル ウェルネス サミット」で純日本スパ「庵SPA」などを紹介した。 ホテルスパ事業を行なう株式会…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube