日本観光振興協会、「観光関連サイト閲覧者数ランキング」発表

  • 2020年2月22日

 日本観光振興協会はこのほど、2019年の「観光関連サイト閲覧者数ランキング」を発表した。それによると、都道府県公式サイトでは大阪府と三重県が上位になった。

 ネット行動分析サービスを提供するヴァリューズ(東京都港区、辻本秀幸社長)との共同調査で、19年の観光関連ウェブサイトの年間閲覧者数を調べ、公表した。

 PCでは大阪府の「OSAKA―INFO」、沖縄県の「おきなわ物語」、東京都の「GO TOKYO」、スマートフォン(スマホ)では三重県の「観光三重」、OSAKA―INFO、茨城県の「観光いばらき」の順に多くなっている。

 OSAKA―INFOはPC、スマホ共にトップ3以内にランクインし、安定した人気を誇っている。PC、スマホ共に前年比で1・5倍と大きく閲覧者数を伸ばしたのがおきなわ物語。「ログデータを分析したところ、メール広告やアドネットワークなどの広告施策を展開し、集客している」という。

 ネットで「伊勢神宮」を検索すると、観光三重のサイトは上位に表示される。19年は平成から令和への改元年であり、伊勢神宮への関心が高まったことが背景にありそうだ。

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube