日本温泉協会が理事会 温泉、地熱対策の発信強化

  • 2022年1月8日

日本温泉協会の理事会

 日本温泉協会の理事会が12月13日、東京都千代田区の全国旅館会館で開かれ、2022年度会員総会に諮る事業計画案などを審議した。コロナ禍の状況を踏まえながら、温泉に関する情報発信の強化や、日本の温泉文化をユネスコ無形文化遺産に登録する運動を推進する。大規模な地熱発電開発に対しては、温泉資源を保護していくために、秩序ある規制、対応を引き続き関係機関に求めていく。

 あいさつで笹本森雄会長は「オミクロン株の出現などで新型コロナウイルスの状況はまだまだ油断できないが、温泉に関する情報発信や、温泉についての知識の普及に継続的に取り組み、協会の活動意義を発揮していく必要がある」と述べた。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram