日本温泉協会、「第1回日本温泉名人認定試験『温泉検定』」を2019年12月実施

  • 2018年12月19日

募集チラシ

 日本温泉協会(笹本森雄会長、1250会員)は来年12月8日、創立90周年記念事業として認定試験「第1回日本温泉名人認定試験『温泉検定』」を実施する。申し込みは来年10月15日まで。日本の温泉文化を国内外に紹介できる人材を育成し、観光、温泉地の発展を目指す。

 温泉検定は、日本の温泉について、さまざまな学問的アプローチで研究された成果を学習し、温泉に関する知識を深め、人材育成、日本の観光と温泉地の発展、国民の健康増進に寄与することを目的に実施。試験当日は、温泉の医学や観光学、地学など温泉に関わる基礎的な知識をセミナー形式で学んだ後、4択式マークシート60問の試験を実施する。合格者で希望者には「日本温泉名人」の称号を認定授与する。

 温泉検定の実施までの経緯について、検定を主催する日本温泉協会の関豊専務理事は「10年前から検定実施の話があった。5年前から朝日旅行の提携機関である日本の旅文化を創る会から、温泉文化を大切にしようという呼び掛けもあり、全国組織での実施を計画し、実現に至った」と説明した。一般の温泉愛好家やこれから旅を計画する人など800人の受験を見込む。

 費用は、テキスト2千円、セミナー受講料3千円、受験料3千円、認定証発行費2千円。会場の詳細は、申込者にメールで案内する。


募集チラシ

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube