日本添乗サービス協会、20年度の優秀添乗員を表彰

  • 2021年2月6日

 日本添乗サービス協会(TCSA)は、2020年12月28日付発行の会報誌「TCSA NEWS」100号で、優秀な添乗員を称える「ツアーコンダクター・オブ・ザ・イヤー2020」の受賞者を発表した。グランプリ(国土交通大臣賞)はティーシーエイの奥田美穂氏が受賞した。

 奥田氏は、20年1月のダイヤモンド・プリンセス号のクルーズに添乗。新型コロナウイルスの集団感染が発生した際に、感染者の情報などをツアー客にいち早く伝達し注意を促した。ツアー客に安心感を与えた点などが評価され、主催旅行会社からも表彰を受けたことなどが受賞の理由。

 準グランプリ(観光庁長官賞)は読売旅行の清川文子氏。20年3月に南米4カ国ツアーのペルーでコロナ拡散防止のため3時間後には外出が禁止となる危機に遭遇。間一髪でペルーを出国するなど大きなトラブルを回避したことが評価された。

 JTBの岸繭美氏が選考委員会委員長賞に。19年10月の台風19号の影響で成田・羽田空港が閉鎖され、カナダで帰国が大幅に遅れる事態となる中、延泊中の過ごし方を提案するなどしてツアー客の不安を取り払った。

 日本添乗サービス協会会長賞にはTEIの水谷由佳氏。20年3月の北欧ツアーでのノルウェーで日本がコロナ隔離対象国となり、移動などに関するトラブルが起きたが、的確な判断で対処した。

 優秀賞はJ&Jヒューマンソリューションズの渋谷隆之介、フォーラムジャパンの大林良子、ジャッツの加藤幸子の3氏。特別賞にジャッツの菅谷眞弓氏。奨励賞にJ&Jヒューマンソリューションズの世界一周クルーズ4人、同社の関口久仁子、中野久美子、大山晴美、渡辺寿子、トップ・スタッフの加藤妃呂美、ツーリストエキスパーツの北橋真理、森美恵子、岡田正幸、引口清種、ジャッツの粟屋潤、ANAセールスの工藤俊夫の各氏が選ばれている。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram