日本添乗サービス協会、第2回インバウンド検定を12月実施

  • 2022年9月5日

 日本添乗サービス協会(TCSA)は、訪日外国人旅行者に同行して日本国内の旅の手伝いをする「インバウンドスタッフ」の検定制度「第2回インバウンド検定」を12月17日に実施する。検定は「初級」「中級」「上級」の3レベルがあり、今回は昨年の第1回に続いて初級のみ。試験会場は札幌、東京、名古屋、大阪、福岡、沖縄の6カ所。

 初級は、上位者の指示やアドバイスのもとで、準備業務や現地業務の補助が行える知識と能力を有し、団体旅行など複数のスタッフが携わる旅程でチームリーダーをサポートできるレベル。受験料は5千円(TCSA正会員・賛助会員は3千円)。業務経験や添乗経験がない人も受検できる。

 札幌会場は道特会館(札幌市中央区)、東京会場は全水道会館(東京都文京区)、名古屋会場はウィンクあいち(名古屋市中村区)、大阪会場は大阪府立住まい情報センター(大阪市北区)、福岡会場は福岡県教育会館(福岡市東区)、沖縄会場は沖縄県青年会館(那覇市)。

 今回は、業界関係者のみならず、インバウンドに興味のある人や初心者にも対象を広げるため、一般にも告知。また、インバウンド業務の基本について勉強する入門講座を事前に開催する。

 入門講座は第1回10月8日午前、第2回同日午後、第3回11月30日午前、第4回同日午後。会場は東京都品川区のスクエア荏原大会議室。費用は5千円(インバウンド業務入門テキスト代を含む)。各回定員48人。オンライン聴講も可能。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram