日本添乗サービス協会、「インバウンド検定」開始

  • 2021年4月5日

 日本添乗サービス協会(TCSA)は、インバウンドスタッフの業界検定「TCSAインバウンド検定」を創設する。初級、中級、上級の3レベルのうち、今年は初級の検定試験を6月14日に東京で実施する予定だ。

 「インバウンドスタッフには外国人に的確なサポートができる人材が求められている。インバウンド検定制度により、多くの人が一定の基準に従って学び、合格者はその知識と技能を取得した証とすることができるようになる」とTCSA。

 初級は、上位者の指示やアドバイスのもとで、準備業務や現地業務の補助が行える知識と技能を有する者。中級は、訪日客の旅の安心・安全と顧客満足を実現できるレベルの知識と技能を有し、単独で全ての業務を行え、初級以下のスタッフのチームマネジメントができる者。上級は、インバウンドスタッフとしての経験や添乗経験が豊富な専門職として、安全・安心な旅と高い満足度を実現できるレベルの知識と技能を有し、中級以下のスタッフのチームマネジメントができる者。

 第1回TCSAインバウンド検定は、インバウンドスタッフ未経験者でも受験が可能。受験料は5千円。5月1~21日にTCSAホームページで申し込みを受け付ける。合否は6月30日に通知する。会員企業や専門学校などに受験を呼び掛けて、150~300人の受験者を見込む。

 中級と上級の試験は来年から実施する予定。インバウンド業務の経験者を対象とし、筆記以外の試験も行う。

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第34回「にっぽんの温泉100選」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2020年度「5つ星の宿」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第34回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2021年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・レジャー&体験」「郷土料理・」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2020年度「部門別・旅館ホテル100選」(2021年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら