日本旅行中間決算、経常4億円の赤字 通期は15億円の黒字見込む

  • 2018年9月14日

 日本旅行は8月31日、2018年度(1~12月)中間決算を発表した。子会社を含めた連結では、営業収益が前年同期比3.5%減の240億2900万円にとどまり、営業で7億3500万円、経常で4億1300万円のそれぞれ赤字となった。ただ、同社は下期の販売ボリュームが大きく、通期で黒字に回復するパターンが続いている。今年度は通期で営業8億5千万円、経常14億6千万円のそれぞれ黒字を見込む。

 法人税などを控除した後の純損益は3億6300万円の赤字。通期は9億5千万円の黒字を見込む。

 日本旅行単体の営業収益は前年同期比4.2%減の202億7千万円となった。

 部門別では、国内旅行が同4.6%減の131億7100万円。海外旅行が同2.3%減の40億1500万円。国際旅行が同4.4%減の25億6200万円。付帯事業が同6.2%減の5億2千万円。

 国内の企画商品「赤い風船」は、JRセットプランや「My宿オンライン」などウェブ専用商品の強化を図ったが、「他社との厳しい競争の中」(同社)、販売高ベースで前年同期比2.9%減にとどまった。

 国内団体は企業の招待旅行や各種会議などMICEの販売強化、私学をはじめとした学校関連のスポーツ大会や文科系イベントの取り扱い拡大に取り組んだが、販売高は同0.8%減と前年並みだった。

 国際旅行は中央省庁や地方自治体の予算事業への取り組みを強化するとともに、OTAを含めた海外の有力エージェントと連携を拡大。販売高は同19.9%増と前年を上回った。ただ、「一部券種の収益率低下」で営業収益は前年を下回った。

関連する記事

スカイスキャナーは、ANAグループのバニラエアと「ダイレクトブッキング」を開始した。   国内外の航空券・ホテル・レンタカーの比較検索サービスを提供するスカイ…

続きを読む

エボラブルアジアは13日、「NAVITIME Travel」とサービス連携し、多言語対応の海外航空券の提供を開始したと発表した。日本語、英語、繁体字、簡体字、韓国語、ベト…

続きを読む

阪急交通社は8月30日、「にっぽん丸」をチャーターし、硫黄島や西之島などを巡る「小笠原クルーズ6日間」を発売した。台風の心配がなく、波が穏やかな5月に実施する。 5月6…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube

温泉エッセイスト 山崎まゆみさんが来社!