日本人の2020年国内旅行消費額、54.5%減の10兆円

  • 2021年5月20日

 観光庁は4月30日、旅行・観光消費動向調査の2020年(年間値)の確報値を発表した。2月に発表した速報値から数値を変更した。日本人の国内旅行消費額は、前年比54.5%減の9兆9738億円となった。新型コロナウイルス感染症の流行で、現行の調査手法となった10年以降で最低値を記録した。

 サービスや商品を購入する消費者側に立った統計で、国のGo Toトラベル事業による旅行代金の補助や地域共通クーポン、都道府県や市町村による旅行費支援の金額を除いて集計されている。

 20年の国内旅行消費額の内訳は、宿泊旅行が前年比54.7%減の7兆7723億円、日帰り旅行が同53.9%減の2兆2015億円。

 日本人国内旅行の延べ旅行者数は、前年比50.0%減の2億9341万人。消費額と同じく10年以降で最低だった。内訳は、宿泊旅行が同48.4%減の1億6070万人、日帰り旅行が同51.8%減の1億3271万人。

 日本人国内旅行の1人1回当たり旅行支出(旅行単価)は、前年比9.0%減の3万3993円だった。旅行単価には、交通費、宿泊費、飲食費、買い物代、娯楽サービス費などが含まれるが、Go Toトラベルなどの補助分は除かれている。内訳は、宿泊旅行が同12.2%減の4万8365円、日帰り旅行が同4.3%減の1万6589円。

     
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram