日本ホテルスクール、弁論大会で学生10人が熱弁

  • 2018年11月22日

英語部門最優秀賞の正木さん(中央)と石塚校長(右)、審査員のグランドハイアット東京・ディワイヤ総支配人(左)

 専門学校日本ホテルスクール(東京都中野区、石塚勉校長)は7日、第27回弁論大会を東京都内で開いた。在学生、教職員、審査員ら約900人の聴衆を前に、予選を通過した学生弁士10人が若い感性で熱弁をふるった。

 日本語部門5人、英語部門5人の弁論を、外資系ホテル総支配人などで構成する審査員19人が審査。日本語部門最優秀賞には2年Bクラスの中村友海さんの「記憶」、英語部門最優秀賞には2年Lクラスの正木友梨香さんの「A Little Kindness(ほんの小さな思いやり)」が選ばれた。

 弁論大会は、「表現力、語学力、発表力の向上」「学生間の問題意識、価値観の共有」などを目的に開始され、今年で27年目を迎えた。

 審査員の1人、パークハイアット東京のエルヴェ・マゼラ総支配人は総評で「ホテル業界は素晴らしい業界だ。LOVE(人を思いやる気持ち)を忘れず、自分でリミット(限界)を設けず、パッション(熱意)を持って、ハードワーク(一生懸命働く)してほしい」と在学生に語りかけ、エールを送った。同ホテルには同校の卒業生33人が在籍し、来春も5人の入社が内定している。


英語部門最優秀賞の正木さん(中央)と石塚校長(右)、審査員のグランドハイアット東京・ディワイヤ総支配人(左)

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram